家族信託・見守り

71DCC341-1C93-4EE6-9FA2-EABBE87BDFD1.jpeg

 

 

近年、「家族信託」による相続対策が注目されています。

 

家族信託は、2007年に法改正により新しく認められた財産管理方法で、

 

「家族の家族による家族円満のための信託」

 

というと、なんとなくイメージを持っていただきやすいでしょうか。

 

新しい法制度は、なかなか田舎まで普及するのには時間がかかります。

 

また、私たち地方の専門家にとっても、勉強がまだまだ進んでいないということもいえるかもしれません。

 

家族信託もその一つです。

 

当事務所では、家族信託のほか、既存の遺言や成年後見制度のみでなく、

 

見守り契約(ホームロイヤー契約)、財産管理契約、遺産承継業務の受託、死後事務委任契約といった、

 

新しい法制度を紀南地方に広めて、それぞれのご家庭にあった手続きをご案内、ご提案致します。