相続登記

不動産の所有者が亡くなった場合に、必ず問題になるのが「不動産の相続登記の問題」です。

 

相続登記は、法律上必ずしなければならない、というものではありません。

 

しかし、遺産分割協議もせず、相続登記もせず、そのまま放っておくことは、その不動産は亡くなった方が所有している状態にも近く、

 

その後に問題となることが多くあります。

 

相続人間が円滑であったとしても、放置していてはそのまた相続人間(孫など)の問題になります。

 

そうなれば、更に煩雑な問題となっていく恐れがあり、費用の問題や、印鑑を貰えないといった、事実上登記できない状況になることも珍しくありません。

 

また売却をはじめ、不動産について何らかの契約等を行うこともできません。

 

必ず、相続登記をしておくことが、自分たちの権利を守ることに繋がります。

 

 

 

当事務所では、亡くなった場合の相続登記について、

 

「どのようにしたらよいか・・・」といった内容から、無料でご相談をお受けしております。

 

お気軽にお問合せ下さい。